IT化による保育運営一元管理システム

保育運営システム

登園はもちろん降園もIDカードをレコーダーに読ませるだけでパソコンで時間管理を行っています。これを応用すれば健康、栄養、成長管理がデータとしても記録保存され、事務室にて園児の総合管理を行っております。

携帯電話チェックインシステム

川奈愛育クラブから保護者の方の携帯電話やパソコンへ情報、連絡事項を一斉配信を行っております。例)・緊急時の情報・通園エリアや園周辺での事件情報・不審者の情報・風水害、地震、火災情報・園からのお知らせ等

防犯監視システム

防犯カメラを正面玄関、支援センター、外廊下、職員玄関の4ケ所に設置してあります。人やものの動きを瞬時にとらえています。子どもたちの出入りや外部からの人の侵入も監視でき、事務室のモニターにて24時間録画しています。

安全、安心保育への取組み

防虫、防疫体制

感染症をはじめとする病虫害からの防疫体制として、年2回全館防虫、防疫対策を専門会社に委託し実施しております。さらに、自主防疫体制として、パイオニア委員会クリーンオフィス部会主導にて、什器、備品類の日光消毒、フローリング(床)の消毒、拭き取りを毎日実施しております。

衛生管理体制

成長期にある子どもたちは、園での生活リズムの中での午睡が体力の回復、成長に重要な要素となっています。私たちの園では、午睡時にはコットと呼ばれるベッドを1人、1台使用しています。蒲団では、床に直接に敷くこととなり、衛生面や埃の吸引等から回避の為、コットを使用しています。さらには、子どもの成長に伴う自分領域の確立が精神衛生的助長に役立つと考えられています。

防災体制

災害に対しての防災対策として、特に、地震や災害への対策に力を入れています。月1回の避難訓練はもちろんのこと、地震を誘引とする火災に対しては、消防署のご協力による消防訓練も子どもたちとともに学んでいます。園では、園舎1階の園庭玄関前に防災管理倉庫があり、保護者の皆様よりお預かりした防災、避難、食料品、飲料水等の備蓄用品が保管されています。

事故防止への配慮

活発な動きをする子どもたちに対して、安全対策として施設内各所の出隅(壁や柱の角)部分を丸くし、衝突時の怪我を未然に防止する対策がなされています。

より良い施設運営を目指して

私たちは、日々の運営について改善の目標を一つ一つ達成することが、より良い施設運営につながると考えます。良い施設運営は、より良い”保育”につながります。

パイオニア委員会

私たちの園では、職員全員が施設の運営に参加しております。良い職場作りができてこそ、より良い保育環境を創り出します。委員会は、職員全員が参加し、以下の6つの部会により成り立っています。

*クリーンオフィス *モラル(マナー) *業務・総務
*イベント *自己啓発  *リストラクチャリング

リーダーミーティング

クラス別保育として、年齢構成ごとにグルーピング化し、スムーズな保育対応が可能となるよう、クラスリーダー制を取っています。日々の出来事や子どもたちの生活行動をはじめ、健康、給食や献立、教材、施設の整備、保護者の方よりの助言を各リーダーが週1回ミーティングを行い推進、改善、確認を行っています。

運営推進会議

施設長を中心として、保育、調理、看護、地域子育て支援センター、事務の各部門の代表が半期ごとに会議を開催し、施設運営についての意見交換を行っています。

フードコミッティ

管理栄養士を座長として、子どもたちの「食」のあり方や感染症を初めとする衛生管理面での職種間交流の場として、週1回フードコミッティを開き相互間の連携を密にし、給食運営を行っています。ちなみに、園ではオリジナルの給食メニューにて、離乳食から幼児食、アレルギー対応食まで、子どもたちの発達段階や状況にあわせた献立や摂取量を、厚生労働省の基準データベースをもとにしたソフトプログラムから計算し、子どもたちの健康、栄養、成長の管理を行っています。

FONCLUB

保護者会組織である「FONCLUB」は、多くの園行事に際してのサポート役として活動をいただいている会であり、園と保護者の方とのコミュニケーション作りの場として機能しています。年数回、保護者家族交流の場として、観劇会等を催しております。

平成28年度決算書の閲覧はこちらから
平成28年度 資金収支1号様式
平成28年度 事業活動2号様式
平成28年度 貸借対照表3号様式
平成28年度 別紙1_基本財産及びその他の固定資産明細書
平成28年度 別紙2_引当金明細書
平成28年度 別紙③_補助金事業等収益明細書
平成28年度 別紙④_事業(拠点)区分間繰入金明細書
平成28年度 別紙5_財産目録

平成27年度 現況報告書
平成27年度 現況報告書(事業リスト)
平成27年度 現況報告書(総括表)
平成27・28年度年間事業計画・報告
平成27年度 理事名簿
平成27年度 定款
平成27年度 定款別表
平成27年度 役員費用弁償規程

平成27年度現況報告書の閲覧はこちらから
平成27年度現況報告書

※閲覧にはAdobeReaderが必要です。
InternetExplorer以外のブラウザでは表示されないことがあります。
InternetExplorerをご使用ください。
(表示されない場合は以下からAdobeRedaerをダウンロードしてご利用ください。)

知財教育の積極的導入

知育玩具

子どもの発達に大きく関る「おもちゃ」は、たいへん重要な役割を持っています。私どもでは、自然素材を使用し、無害塗装されたものを厳選して用意しています。「おもちゃ」は、思考力や情緒感、社会性の育成に役立つものと考えています。

屋外遊具

私どもの日常保育の中で、園庭を「第2の保育室」と捉えて、子どもたちの大切な育成の場となっています。園庭は、乳児園庭と幼児園庭の2箇所にて成長過程に合わせ、安全で安心できる保育ツールとして、大型遊具を設置してあります。

職員福利厚生

華道部 茶道部 書道部

専任の先生について、月1回お稽古しています。

パソコン教室

月2回職員研修として実施

互助会組織「つばき会」

私たち職員間の互助制度及びコミュニケーション組織として「つばき会」があります。職員すべてがこの組織に加入しています。

苦情解決事業への取り組み

川奈愛育クラブは、利用者の皆様から寄せられた苦情相談、助言等について、組織的かつ公正な対応により適切な解決にあたります。これからの解決事項につきましては、個人情報に関するものや申込者が拒否した場合を除き、当ホームページに公表し、改善に努めます。

(社会福祉法第8条の規定により本事業所サービスに係る苦情に適切に対応する体制を整えております。)

苦情解決の方法

(1)苦情の受付面接、電話、書面などにより苦情受付担当者が随時受け付けます。

(2)苦情受付の報告・確認受け付けた苦情を苦情解決責任者と第三者委員(苦情申し出人が第三者委員への報告を拒否した場合を除く)に報告いたします。苦情解決責任者は内容を確認し、苦情申し出人に対して、報告を受けた旨を口頭で通知します。

(3)苦情解決の為の話し合い苦情解決責任者は苦情申し出人と誠意をもって話し合い、解決に努めます。その際苦情申し出人は第三者委員の助言や立ち会いを求めることができます。

苦情解決の公表資料ダウンロードはこちらから
平成29年度苦情解決の公表資料(PDF) (平成29年10月1日)

4/1(火)
入園進級式

4/2(水)
新入園児プレ保育開始

4/7(月)
個人面談開始

4/10(木)
内科検診

4/24(木)
歯科検診

5/14(水)
2~5歳保育参観

5/19(月)
交通安全教室3~5歳児

5/22(木)
0・1歳保育参観

6/2(月)
衣替え

6/25(水)
スポーツフェスタ

7/3(木)~8/28(木)
プール水遊び期間

9/9(火)
2才・3才クラスイベント

9/18(木)
4才・5才クラスイベント

10/2(木)
0才・1才クラスイベント

10/30(木)
総合防災訓練

11/4(火)~11/21(金)
個人面談

12/20(土)
クリスマスパーティー

12/26(金)
おもちつき

2/19(木)
2~5歳保育参観

3/6(金)
4・5歳お別れ遠足

3/10(火)
5歳児記念写真撮影

3/11(水)
0・1歳保育参観

3/26(木)
お別れ会